反応性うつ病および電話相談における解説ならびに傾向

感染症とは、私達の生活する環境の中において存在する微生物が、何らかの形で体内に侵入し、引き起こす症状です。

感染症の要因となる病原菌の性質によって、潜伏する環境とは様々で又、多岐に渡ります。

近年における海外旅行者の増加する傾向にあっては、多くの感染症とその要因となる病原菌も又、増加する傾向にあります。

反応性うつ病とは、失恋や受験の失敗、大切な人やペットとの死に別れなど、原因の明確にされている、がしかし時と共に自然治癒されがたい症状をいいます。

反応性うつ病は、身体的うつ病と比べて薬物療法の効果が期待されにくい傾向があり、心理カウンセラーやセラピストによる治療を並行して受診する事が望ましいとされます。

外的治療と比較し、人の心に負う傷と、その発症要因となった対象との心の内での折り合いとは極めて難しく、反応性うつ病とは、その過程において発症しやすい、又、抜け出しがたい疾患といえます。

最後にそういったカウンセリングから、近年における自殺者の増加傾向とあわせて、対面し話し難い境遇とクライアントの心境にあわせ、様々な電話相談が設けられる傾向にあります。

広義には自殺防止活動の一環として、いのちの電話がもっとも有名ですが、その窓口の広さゆえ、がしかし、クライアントにすれば決死の覚悟でかけた一本の電話ですら繋がりがたい、又、受け取った窓口の対応が不適切など、問題が多いのも事実です。

クライアントの主治医たる医師による電話相談を受ける事が、一番の理想ではありますが、心の苦しみや心的治療の過程においては、それが電話相談の窓口であっても、できるだけ多くの人との言葉にふれる事、例え対応が不適切であったとしても、そこから学ぶ何かを見つける事。

人が十人十色であって、目の前の人も、電話先の人も又、様々であり、更に深入りするなら私達の心の内でさえ、それらの環境において、様変わりするものなのです。