感染症であるインフルの現状

感染症としてはさまざまな種類がありますが、その中でも特に身近であり、毎年話題になるのがインフルエンザです。
インフルエンザは短縮して「インフル」と呼ばれることもありますが、では現状、このインフルエンザはどのような感染症になっているのでしょうか。
まず最も重要な「治療」という部分に関してですが、これはよほど悪化しない限り、自宅で放置でもしない限り問題はほとんどありません。
最も問題になりやすいA型であっても、日本ではタミフルやリレンザといった医薬品が十分に用意されているケースが多いため、適切な治療を受ければ命にかかわる事態になる前に完治させることができます。
時折見られるA型の変異種、ここ数年では鳥インフルエンザなども話題になりますが、こうした変異種が人間に感染するケースはあまりありません。
大きく騒がれたのは畜産に対して与えるダメージが深刻であるからであり、人が大量死するというようなパンデミックは早々起きないと考えて良いでしょう。
もちろん流行の時期には情報を集めなくてはなりませんが、情報収集をしっかり行えば感染症としてはあまり恐れる必要のないものです。
次に現在の感染経路ですが、これについてはやはり人から人への感染が最も懸念されるところでしょう。
特に東京など一部都市への人口集中が問題となっている昨今、公共交通機関に感染者が入ることでそこから感染が広がるリスクは無視できません。
そのため流行時期には自分が感染していなくともマスクなどを付けるようにし、体調管理をしっかり行う必要があります。
予防接種に関しては「感染を100%防げるものではない」ということを知った上で判断をするべきですが、もし可能であれば受けておくとより安心できます。
現在最も身近な感染症であるインフルエンザですが、日本国内であればこうしたポイントを押さえておけばよいでしょう。