感染症を予防する為の生活

感染症は一度感染すると完治するまでに長い時間がかかり、症状が出ている場合にはさまざまな苦痛を招くことになってしまいます。
現在の医療であればしっかりと治療をすれば完治させることができるようにもなっているのですが、最も重要になるのは予防だということは常に考えておく必要があります。
では感染症を予防するにはどういったことに気を付ければ良いのかというと、まず最初に注意をするべきなのが「コンドームによる避妊」の徹底です。
妊娠を望むのであればもちろんコンドームは使えませんが、妊娠を望まないのであればコンドームを用いた避妊が効果的になりあます。
ピルによる避妊をしているという人も最近だと増えてきたのですが、こと感染症予防ということで言えばコンドームが優れています。
これであれば男性器と女性器が直接接触することがないため、粘液を介した感染を高い確率で防ぐことができるのです。
膣挿入時は当然として、オーラルセックスなどの時も使用するのが望ましいでしょう。
次に注意をしたいのが「定期的な検査を受ける」ということです。
感染症の検査というと恥ずかしいことを絶対にするのではないかというようなイメージがあるのですが、実際には採血や採尿などの手段で行える検査も多いため、各地方自治体の保健所などではHIVやクラミジアなど特定の感染症に対して無料検査を実施していることもあります。
そうした検査を定期的に受けるということは自分の身を守ることにもなりますし、パートナーに対して嫌な思いをさせないということにもつなげていけます。
感染症は感染してからの治療よりも予防の方が重要で効果があるわけですから、こうした生活習慣は積極的に取り入れていくようにしましょう。